登場人物紹介 / グランドセフトオート サンアンドレアス 攻略ガイド / GTA SA 完全攻略

>> GTA SA 攻略ガイドTOP

 サンアンドレアス 登場人物紹介

カール・ジョンソン Carl "CJ" Johnson

主人公 。愛称は頭文字を取って "CJ"。
弟ブライアン Brian の死を切欠にロスサントス Los Santos を離れ、リバティーシティ Liberty City においてジョーイ・レオーネの下で5年間「働いて」いたが、兄スウィートから母ベヴァリー Beverly が何者かに殺害された一報を受け、故郷ロスサントスに戻る。
帰郷早々、汚職警官テンペニーから警官殺しの濡れ衣を着せられる。また、自分が所属するギャンググループ、グローブストリートファミリー Grove Street Family を立て直そうとするも、仲間の裏切りに合い逆にロスサントスから追い出されてしまう。
その後、復讐を胸に各地を転々とし、徐々に権力と地位、そして人脈を獲得していく。

ショーン・ジョンソン Sean "Sweet" Johnson

CJの兄。愛称はスウィート "Sweet"
CJがリバティーシティーに居た間、グローブストリートを切り盛りしていた。
CJと同じく仲間の裏切りに合い、重症を負って警察病院に収容されてしまう。

 

ケンドゥル・ジョンソン Kendl Johnson

CJの妹。
シーザー・ヴィアルパンドとは恋人関係にあるが、そのことでいつも兄スウィートと言い争いをしている。
兄達にはアウトローの世界ではなく、法に則った社会の中で暮らして欲しいと願っている。ギャング間の抗争より不動産経営に興味があるようだ。

 

ライダー Lance "Ryder" Wilson

本名はランス・ウィルソン "Lance Wilson"
古くからのグローブストリートのメンバー。身長が低いことにコンプレックスを持っている。

 

 

 

ビッグ・スモーク Melvin "Big Smoke" Harris

本名はメルヴィン・ハリス "Melvin Harris"
ライダーと同じく古参のグローブストリートメンバー。
CJ達とは少し離れた所に住んでいる。

 

 

 

オージー・ロック Jeffrey "OG Loc" Cross

本名はジェフリー・クロス "Jeffrey Cross"。
グローブストリートファミリーに所属。お調子者で、TPOをわきまえず下手なラップを披露したがる。
様々な罪(車泥棒、駐車違反等)によって服役していたが、最近になって出所。

 

 

シーザー・ヴィアルパンド Cesar Vialpand

ヒスパニック系のギャンググループ"Varrios Los Aztecas"のリーダー。
また、車を改造したりレース等を行う事を趣味にしているローライダーでもある。
肌の色が違う事、またケンドゥルの彼氏であるということから、当初CJとの関係はあまり良くなかったが、その後は互いに認め合い、相棒としてCJと付き合っていくことになる。

 

フランク・テンペニー[C.R.A.S.H.] Officer Frank Tenpenny

いわゆる悪徳警官。汚職の隠蔽工作ためにC.R.A.S.H.のメンバーであるラルフ・ペンデルベリー "Ralph Pendelberry" を殺害し、その濡れ衣をCJに着せる。
ちなみに、"C.R.A.S.H."とはCommunity Resources Against Street Hoodlums(暴力団犯罪課)の略称である。

 

エディ・プラスキー[C.R.A.S.H.] Officer Eddie Pulaski

テンペニーの相棒。しかし、実態は子分のような扱いである。人種差別主義者であり、ヒスパニック系や黒人に対してはあからさまな差別言動を繰り返す。

 


マッド・ドッグ Madd Dogg


一時は大人気の売れっ子ラッパーであったが、マネージャーのアラン・クロフォード "Alan Crawford" を車ごと海に投げ込まれて殺害されたうえ虎の子のライムブックを盗まれてしまい、仕事が立ち行かなくなったことによってその地位を失う。

 

 

カタリーナ Catalina

シーザーの従姉妹。
Grand Theft Auto IIIに登場するカタリーナと同一人物。感情の起伏が非常に激しく、侮蔑的で乱暴者。またヒスパニック系であるためスペイン語訛りの雑言を吐く。彼女達がリバティーシティではなくサンアンドレアスに居るのは、本作の時間軸がVより前の設定であるため。

 

トゥルース The Truth

フリントカウンティ郡の農場で麻薬の栽培、生産、販売を行っている老人。
そういった仕事柄のため、様々な方面に人脈を持っている。時折、常人には理解できない意味不明な言動を発するが、あながち間違っていないことも。ヒッピー。

 

ウージー Wu Zi Mu ("Woozie")

本名は"ウージームー Wu Zi Mu"。
チャイニーズマフィア"マウンテン・クラウド・ボーイズ Mountain Cloud Boys"のボス。
各地で賭博場やカジノを経営している。レッドカウンティで行われている非合法レースイベントでCJと知り合い、その後は良好なビジネスパートナーとして付き合っていくことになる。盲目であるが、部下がしっかり補っている。例えばウージーが部下とポーカーをやるとき、目が見えないため、部下が逆イカサマをして、ウージーが必ず勝利するようにしている。

ゼロ Zero

サンフィエロ San Fierroでラジコンショップを経営している27歳の青年(童貞)。CJとはトゥルースを通じて知り合った。同業者であるバークリー Berkley(玩具店トップファン "Top Fun" のオーナー)とは因縁が深く、互いに本物の武器を積んだラジコンで抗争している。

 

マイク・トリノ Mike Toreno

麻薬組織ロコ・シンジケート Loco Syndicateを取り仕切っている男。アメリカの「敵」と戦っている。正体は政府のとある機関(恐らくはCIA)の職員。サンフィエロにおけるCJとの戦闘で死亡したかと思われたが、事も無げに生存しており、服役中のスウィートを人質に取ってCJに滅茶苦茶な無理難題を押し付ける。

 

ケン・ローゼンバーグ Ken "Rosie" Rosenberg

本作でのあだ名はロージー "Rosie" 。
トミー・ベルセッティの顧問弁護士であったが、1992年の時点では薬物の濫用によって弁護士の資格を剥奪されている。コカイン中毒のリハビリとしてラスベンチュラスに滞在しており、滞在中はカリギュラズカジノの管理を任されていた。

 

サルバトーレ・レオーネ Salvatore Leone

リバティシティーでマフィアを仕切っているレオーネファミリーの首領。
Grand Theft Auto V、Grand Theft Auto: Liberty City Storiesにも登場。レオーネファミリーの息がかかったカリギュラズカジノを訪れるためサンアンドレアスへ来訪。
彼の息子ジョーイ・レオーネの元で一時働いていたCJとは面識がある。

ジミー・ヘルナンデス[C.R.A.S.H.] Officer Jimmy Hernandez

ヒスパニック系の新人警官。
ラルフ・ペンデルベリー亡き後C.R.A.S.H.に配属されたが、チーム内では下っ端であり、テンペニーとプラスキーにこき使われている。

 

 

ドゥエイン Dwaine

トゥルースの友人で、ジェスロの相棒的存在。
CJと知り合った後はサンフィエロでガレージ経営を手伝っている。

ジェスロ Jethro

ガソリンスタンド"Xoomer"の持ち主。
CJとはトゥルースを通じて知り合い、ガレージ経営に誘われる。CJが車を何台も駄目にしているのを聞いて、ドライビングスクールを紹介する。

ラン・ファ・リー Ran Fa Li ("Farlie")

ウージーとは仕事上のパートナー。
話し掛けても"ウー"などといううなり声や咳払いだけで、何故か喋ろうとしない。部下はその咳払いだけでリーの言いたい事が分かり、代わりに部下がCJに対して代訳を行う

 

 

ジズィー・B Jizzy B

ロコ・シンジケートで取引の仲介役を行っている人物。
また、サンフィエロ一のポン引きでもあり、サンフィエロで成人向けのクラブ"プレジャードーム Pleasure Dome"を経営している。

 

 

ティーボーン・メンデス T-Bone Mendez

ロコ・シンジケートのメンバーで、用心棒をしている男。

ビーダップ Mark "B-Dup" Wayne

本名はマークウェイン。グローブストリートファミリーの一員であったが、金のために麻薬の売人に身を落とす
薬を与える代わりに自分のアパートでビッグベアを奴隷のように扱っている。

ビッグベア Barry "Big Bear" Thorne

本名はバリー・ソーン。かつてグローブストリートファミリーの中核を担っていた人物だがボーラスがロスサントスを牛耳ってからは一介の麻薬中毒者に成り下がり、ビーダップの奴隷になっている。

エメ Emmet

CJに武器の使い方を教えてくれる老人。ロスサントスの銃器取扱業者で、Seville Boulevard Families
の一員。

ケント・ポール Kent Paul

著名な音楽プロデューサー。
「Grand Theft Auto: Vice City」にも登場。彼がプロデュースしたイギリスのバンドグループ"Gurning Chimps"のメンバー、メッサーと砂漠の中央で立ち往生していたところをCJに助けられる。CJがケンの元に車で送るときに気分が悪くなり、車を停めた際に外で嘔吐してしまう。
ケン・ローゼンバーグとは旧友の関係。

メッサー Maccer

イギリスのバンドグループ"Gurning Chimps"のメンバーで、リードボーカルを務めているCJに車で送られる際に尿意をもよおし、車を停めたときに立小便をする
(このとき彼をひき殺すと、死体が永遠と尿を出し続ける)。
人がいようとどんな所だろうと全く気にせず自慰行為に走るという困った性癖の持ち主。


グランドセフトオート サンアンドレアスについて
ミッション等の解説
データ集、その他